Laravelにおける存在チェックの書き方

Laravel

Laravelでビューに渡されたEloquentモデルの中身が存在しているか判別するプログラムの書き方をまとめます。

データをビューへ渡す

まず、データを表示するためにEloquentでコレクションを取得してビューへ渡します。

public function index()
{
    $users = User::all();

    return view('users')->with('users', $users);
}

単にデータを表示する

ビューに渡されたデータはループで表示できます。

<html>
    <body>
        <h1>User</h1>

        @foreach($users as $user)
            <p>{{ $user->name }}</p>
        @endforeach
    </body>
</html>

データの存在を判別する

データの存在を判別するには、isNotEmptyメソッドを使います。

<html>
    <body>
        <h1>User</h1>

        @if ($users->isNotEmpty())
            <ul>
                @foreach($users as $user)
                    <li>{{ $user->name }}</li>
                @endforeach
            </ul>
        @else
            Nothing Found
        @endif
    </body>
</html>

逆の動作である、isEmptyメソッドを使うこともできます。

<html>
    <body>
        <h1>User</h1>

        @if ($users->isEmpty())
            Nothing Found
        @else
            <ul>
                @foreach($users as $user)
                    <li>{{ $user->name }}</li>
                @endforeach
            </ul>
        @endif
    </body>
</html>

その他の判別方法

より単純なケースでは、@forelse()が使えるかもしれません。

<html>
    <body>
        <h1>User</h1>

        @forelse($users as $user)
            <p>{{ $user->name }}</p>
        @empty
            Nothing Found
        @endforelse
    </body>
</html>

ちなみに、以下のような書き方では@empty()がうまく判別できませんでした。

<html>
    <body>
        <h1>User</h1>

        @foreach($users as $user)
            <p>{{ $user->name }}</p>
        @endforeach
        @empty($users)
            Nothing Found
        @endempty
    </body>
</html>

最後に

Eloquentメソッドが返すコレクションは、Laravelコレクションクラスを継承しており、様々なメソッドを使うことができます。

参考
Eloquent:利用の開始 7.x Laravel
コレクション 7.x Laravel